変形性膝関節症の治療や症状の改善に有効とされるプロテオグリカン

 

 

変形性膝関節症は、膝への過度の負担や膝関節の軟骨の老化、加齢による関節液の不足などにより、高齢な女性に多く発症する症候群です。

 

変形性膝関節症の治療は、基本的に薬物療法や装具療法、温熱療法、運動療法が行われ、症状の改善が見られない時や重篤な場合には、高位頚骨骨切り術や人工関節置換術、関節鏡視下郭清術などの外科的療法が行われています。

 

痛みが強い時には、非ステロイド性抗炎症剤NSAIDの外用薬や内服薬が処方され、膝の関節機能を高める為に膝関節内にヒアルロン酸を注射するケースもあります。

 

ヒアルロン酸は、膝関節の滑膜から分泌される関節液の成分であり、注射する事で関節軟骨の摩耗を抑制し症状の悪化を遅延させる効果が期待出来ます。

 

近年では、軟骨の構成成分に多く含まれるプロテオグリカンの保水性と保湿性だけで無く、プロテオグリカンの軟骨の基質減少抑制作用や石化抑制作用、軟骨再合成作用などによる変形性関節症の予防効果及び症状の改善効果が期待されています。