変形性膝関節症の痛みにはプロテオグリカンやサポーターを活用しましょう

 

 

年齢が高くなるにつれて膝が痛いという人は増えてきます。
膝の痛みの原因で多いのが変形性膝関節症です。  

 

膝の関節部分、骨の端には水分を多く含んで弾力性のある軟骨があります。
軟骨は体重がかかっても骨と骨がぶつかったりこすれたりしないようにクッションの役割を果たしています。

 

しかし年齢とともに軟骨の弾力性が少なくなり、軟骨がすり減ると痛みや変形が生じます。
これが変形性膝関節症です。

 

症状は、始めは立ち上る時や歩き始めに痛みがあり、休むと痛みはとれますが、変形が進むと階段の上り下りや正座が難しくなったり、休んでも痛みはとれなくなります。

 

また、膝に水がたまるようになります。

 

男性よりも女性に多く、肥満やO脚の人は膝に負担がかかるため起こりやすくなります。  

 

治療は変形を悪化させないこと、痛みをとることを目標に行われます。

 

太ももの筋肉(大腿四頭筋)を鍛える運動をしたり、日常生活では膝への負担が大きい正座などの動作をさけること、サポーターを使うことも膝関節の保護になります。

 

痛みには飲み薬や湿布薬が使われたり、軟骨のすり減りを防ぐために関節内にヒアルロン酸注射なども行われます。

 

最近ではヒアルロン酸よりも保湿効果の高いプロテオグリカンのサプリメントもあるので、そのようなものを利用するのも良いでしょう。

 

このような治療をしても痛みや変形が強く、生活するのに困るようになれば人工関節置換術などの手術も行われます。