変形性膝関節症を予防するプロテオグリカンの構成成分

 

 

膝関節は、大腿骨と脛骨、関節軟骨で構成される顆状関節であり、変形性膝関節症は関節軟骨の弾力性の低下や膝関節の酷使などが原因で関節軟骨が摩耗し、軟骨下骨の露出や骨棘など骨自体の変形により痛みや炎症が生じます。

 

関節軟骨は、表層と中間層、放射層、軟骨下骨と連結する石灰化層の4層の層状構造であり、厚さ1o?5oの光沢のある白色の硝子軟骨で形成されています。

 

関節軟骨は、80%の水分とコラーゲンとプロテオグリカンから構成されている20%のマトリックスとわずかな軟骨細胞により形成されていますが、加齢ともに軟骨細胞が減少しマトリックスの生成も減少します。

 

その為、高齢者ほど変形性膝関節症を発症し易くなり、高齢者ほどプロテオグリカンを服用摂取する必要があります。

 

プロテオグリカンは、ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸、ヘパラン硫酸、ケタラン硫酸の成分からなるグリコサミノグリカン95%とタンパク質5%で構成され、ヒアルロン酸よりも保水力が約30%と高いとされる物質であり、分子量が小さく浸透率が高い特徴があります。