変形性膝関節症やアンチエイジングに大切

 

関節炎の痛みをやわらげるプロテオグリカンとは、そもそもどんなものなのでしょう。
その成分はコラーゲン、ヒアルロン酸とともに細胞外マトリックスを形成する第三の生体成分として、美容界でも注目されています。

 

肌や軟骨のうるおいと弾力を保って、水分を保持する力は、ヒアルロン酸以上です。さらにすごいところは、コラーゲン、ヒアルロン酸の産生もおこなっています。

 

さて軟骨は成分のおよそ70%が水分で、残りの30%がコラーゲンとプロテオグリカンで構成されています。
軟骨の中をネット状に広がるコラーゲンの隙間をうめているのが、プロテオグリカンで弾力性のある高い保水力が膝の活動をスムーズにおこなえます。

 

そのため軟骨細胞内のたいせつな成分は、減少すると膝の曲げ伸ばしの時の痛みが出始め変形性膝関節症になってしまいます。

 

50代以上の特に女性に多くみられる変形性膝関節症は進行すると立ち上がることができなくなりやがて寝たきりになることもありえます。
そのためにもサプリメントや様々な方法で摂取することで、軟骨細胞のもとになるものを増やすことになるので変形性膝関節症の予防になります。

 

さらに抗炎症作用ももっている成分なので、痛みを減少してくれます。

身体が欲するプロテオグリカン

 

高い保湿力、ハリ、うるおい成分、軟骨の柔軟性、関節の働きをサポート、コラーゲンやヒアルロン酸の産生を促進するプロテオグリカンは、女性にとって身体が求める成分でもあります。

 

こんなに素晴らしいプロテオグリカンの減少してしまう要因には、次のようなものがあります。

 

40代以上 女性ホルモンのエストロゲンは骨など軟骨を保護して軟骨を守りますが、閉経によりエストロゲンの減少が影響してしまいます。
肥満 体重の増加による重さが関節の負担になり、血流を妨げてしまいます。
そのため酸素や栄養素が行き渡らず軟骨が衰えてしまいます。

 

ちょっとした生活習慣で増やすこともできます。

膝関節の血流は10分程度のウォーキングで活発化して、増やす効果があります。
膝に負担をかけないために、10分程度を一日三回ほどおこなうと効果的です。

 

さらにプロテオグリカンにはまだまだすごい効果があります。

 

活性酸素をおさえて、免疫システムのバランスを整えます。
また乾燥肌の改善でシワやたるみに有効で、メタボ予防までしてしまいます。

 

経口摂取しても人体にとって安全な素材のため、化粧品、健康食品、サプリメントとして大手各社での商品化もすすんでいます。